TO-REI

すぐに TO-REI
それも TO-REI
だから TO-REI

お問い合わせ
お問い合わせ

MENU

熱源・プラント

熱源・プラント

取扱設備・機器

吸収式冷温水発生機

吸収式冷温水機・冷凍機はナチュラルチラーとも呼ばれます。吸収式は圧縮機が必要ありません。水を冷媒とし、特定フロンや代替フロンを使用しないため、環境にやさしい空調システムです。蒸発、吸収、再生、凝縮といった4つの過程をくり返し、冷水を発生させます。(冷温水機は温水も発生させます。)さらに、吸収式では様々な熱エネルギーを利用できるため、ガスコージェネレーションシステム(ガスコージェネ)の廃熱を利用したジェネリンクによって、更なる省エネの実現も可能です。

チラーユニット

チラーは、工場機械や計測機器の故障を防ぎ、安全に稼働させるための冷却装置です。水冷式と空冷式があり、どちらも水槽やタンクに貯めた水を冷やして循環させることで冷却します。どの機器をどれくらい冷やすのかによって、チラーの種類や性能が変わります。TO-REIは幅広いタイプのチラーを取り扱っております。

冷却・加熱ライン設備

事例・取扱メーカーを見る

冷却・加熱ライン設備は、食品工場をはじめとした様々な製造ラインそれぞれに適した温度や湿度の管理が可能です。高精度な温湿度制御により製品の品質や生産効率の向上を図るメリットがあります。

圧縮エアーシステム

事例・取扱メーカーを見る

圧縮エアーは、生産機械になくてはならないシステムの一つですが、湿気を嫌いドライエアーの供給が必要となります。

クーリングタワー
(冷却塔)

事例・取扱メーカーを見る

クーリングタワー(冷却塔)は、開放式と密閉式があります。どちらも、外気による通風と水の蒸発を利用して冷却する装置です。

真空式温水ヒーター

真空式温水ヒーターはボイラーの一種です。しかし、法的にはボイラーに該当しないため特別な資格を持つ人がいなくても扱うことができます。通常のボイラーが熱して温水を発生させるのに対し、真空式温水ヒーターは缶内を減圧することで100℃よりも低い温度で沸騰させ通常よりも早く温水を取り出し、その蒸気を熱源として熱交換することで直接的に水を加熱して温水を発生させます。

無圧開放型温水器

無圧式温水ヒーターは、真空式温水ヒーター同様法的にはボイラーに該当しないため特別な資格なしで取り扱うことができます。ヒーター缶体に大気開放タンクがあり、缶体には圧力がかかりません。熱交換器で缶水と熱交換された有圧の温水を供給します。比較的安全かつ、熱媒水と温水が分離されることで衛生的な温水が取り出せるメリットがあります。

蒸気ボイラー

温水ボイラー

取扱メーカー

ダイキン工業株式会社、三菱電機株式会社、三菱重工冷熱株式会社、東芝キャリア株式会社、荏原冷熱システム株式会社
その他のメーカーも対応が可能です。まずはご相談ください。

事例紹介

CASE 01日清紡ブレーキ株式会社様

日清紡ブレーキ株式会社様

EHPチラーからGHPチラーへの更新を行いました。電気のピークデマンドを抑制したことにより、デマンド契約の削減と生産ラインへの電気供給の余裕ができました。

お客様の声を見る

CASE 02パシフィック・ホスピタル様

パシフィック・ホスピタル様

吸収式冷温水機の更新を行いました。ビル用マルチエアコンを従来のセントラル方式から個別方式に更新することで消費電力の大幅削減を実現しました。

お客様の声を見る

CASE 03印刷会社

印刷会社

既存の熱源が老朽したことに伴い、更新工事を行いました。お客様の課題を踏まえ、空冷EHPモジュールチラー方式を提案しました。

CASE 04日産工機株式会社様

日産工機株式会社様

圧縮空気脱脂脱油装置の施工のご依頼で、圧縮空気中の含有水分の除去をしながらも、フロンガスを使用せず運転動力や装置内圧損が小さいなど省エネ効果やピーク時電力の削減も実現しました。※空気処理能力は18,300m3(N)/h

お客様の声を見る

CASE 05株式会社資生堂 久喜工場様

株式会社資生堂 久喜工場様

久喜工場の取り組みである冷媒ガス「R-22」全廃に向けた対策として、生産設備用冷却熱源のブライン冷凍機を更新しました。インバーター圧縮機搭載冷凍機の採用並びにブラインタンクの蓄熱容量を増やし、省エネと負荷変動に対し高い追従性を両立させ、安定した温度でのブライン供給が可能となりました。

お客様の声を見る

CASE 06工場

工場

開放式冷却塔を導入しました。各ポンプ系統に要求流量・圧力にて冷却水を供給し、且つ年間を通して28℃程度にて温度制御を行いたいという要望があった為、冬期の低温対策として、電動弁を使用したバイパス温度制御方式にて提案・施工しました。

CASE 07某所

某所

ジャケットタンクの増設によって既存の水冷チラーの能力が不足したため、適正能力をもつ水冷モジュールチラーとクリーングタワー(冷却塔)を導入しました。短期工事に合わせ、架台の改良や施工図の作成を行うことで、機器周辺の配管工期を短縮することができました。

ページを印刷する

上に戻る