TO-REI

すぐに TO-REI
それも TO-REI
だから TO-REI

お問い合わせ
お問い合わせ

MENU

環境対策フロン排出抑制法

法令順守を求められるフロンをプロの手に

「フロン排出抑制法」とは、多くの業務用冷凍空調機器に充塡されている冷媒フロン類の排出抑制を目的とした法律です。(2015年4月1日施行)

第一種特定製品(業務用エアコン・冷凍冷蔵機器など)の管理者には、使用しているすべての冷凍空調機器について、点検・整備・記録の保存、そして一定量のフロン類が漏えいした場合、国に対しての報告が義務付けられています。これらを怠ると、罰則・罰金が科せられることが定められています。
簡易点検を3ヵ月に1回以上行うことに加えて、大型の機器は1年に1回以上、あるいは3年に1回以上の定期点検を必ず行い、年度ごとにフロン類算定漏えい量を計算しなければなりません。

冷媒フロンは「機器の中で使われているのだから、大気中に漏れることはない」と考えられがちです。また「機器を捨てる際にきちんと回収すれば、大気中には漏れない」と思われるかもしれません。ところが、冷凍空調機器では冷媒フロンに高い圧力をかけているので、温度変化も激しく、配管が伸び縮みします。その際フロンが機器の接続部分から徐々に漏れ出します。また、時間が経つと機器が劣化し、フロンの漏れ出す量も増えていきます。

TO-REIでは、フロン排出抑制法に対応したメンテナンスサービスを実施しています。
この法律は、短い期間で改正を繰り返し、直接罰適用の対象も日々変化し続けています。
(※2020年4月改正により罰則の強化)
お客様に日々空調機器を安心してお使いいただくために、当社は保守契約での定期的な点検によるトラブル回避を提供しております。

ページを印刷する

上に戻る